引っ越し

【ロフトベッドの処分】不用品回収業者を利用するとめちゃくちゃ楽だから使ってほしい

ロフトベッドの処理で悩んでそれを乗り越えたアザラシ(@azarasilife)です。

ロフトベッドって組み立てるハードル高いけど、解体するときってもっとハードル高くない?

一人で解体難しいし、壁や床を傷つけそうで。

特に賃貸の部屋だと、せっかくそれまで綺麗につかっていても退去するときに傷つけたら絶望感ハンパない。

今回はわたしが引っ越しでロフトベッドの処理に困って、不良品回収業者を依頼したときの話を書きます。

結論からいうと、

アザラシ
困ってるならお金かかっても不良品回収業者にお願いした方がいいよ!!

って話です。

ロフトベッドどうしよってなって困っている方は参考にしてくださいね

こんな方におすすめ

  • ロフトベッドの解体ができなくて困っている方
  • ぼったくられないか不安な方
  • 不良品回収業者の利用の流れを知りたい方
  • 料金の具体例を知りたい方

 

見積もりから引き取り、支払いまでの流れはこんな感じ

わたしの場合は、こんな流れでした。

step
1
電話でロフトベッドの解体依頼・見積もり確認

step
2
作業日に担当者が家にきて現物を見て正確な見積もり

step
3
解体開始!

step
4
引き取ってもらってお支払

大きな流れはこの4つで終了。

 

ここからは各ステップごとの細かい確認事項など説明していきます。

step
1
電話してロフトベッドを解体してほしいと伝える

電話の際に確認されるので、この3つは事前に確認しておこう!

  1. 解体するロフトベッドの大きさ(高さ・横幅)
  2. 部屋に作業するスペースがあるか
  3. 車を横付けする広さの道路はあるか

①解体するロフトベッドの大きさ(高さ・横幅)

見積もりの前提になるので、メジャーで事前に測っておきましょう。

それ以外に簡単にベッドの特徴も聞かれました。

担当者
どこかメーカーさんで買ったものですか?
アザラシ
ニトリです!
担当者
木か金属どちらですか?
アザラシ
金属です。
担当者
ベッドの脚の太さってどれくらいですか?
アザラシ
細いです。
担当者
ご回答ありがとうございました。よく依頼が来るタイプのベッドだと思うのでお見積りは引き取り費用が○○円、解体作業費が○○円で合計○○円になります。

こんな感じで簡単な電話確認したレベルでの見積り金額を教えてもらえます。

あくまで電話のイメージでの見積りなので、作業当日に再見積もりして正確な金額を教えてもらうとの説明を受けました。

金額の増減はあっても、1~2万程度とのことでした。

聞いているイメージから実物が大幅に違わない限り、金額が1万単位で動くことは少ないそうです。

ここまでで説明を受けた金額が予算に合わないなら、お断りしても良いとのことでした。

わたしの場合は予算の範囲内だったので、希望の日程を伝えて作業を依頼しました。

 

②部屋に作業するスペースがあるか

ベッドを解体していく最中に、解体したパーツを置いておくスペースが必要なのでとのことでした。

大掛かりな作業になるので、一人暮らしの部屋なら引っ越し直前の荷詰め終わってるくらいまで片付けておいた方が良いですね。

 

③車を横付けする広さの道路はあるか

これは大事なポイントで、場合によっては金額が変わったり作業受けてもらえなくなるかも。

解体後にベッドを引き取ってもらうので担当者が車で訪問してきます。

解体中に車を止めておく必要があるので、道をふさいでしまわないかの確認になります。

 

ステップ1の電話でのやり取りはここで終わりです。

 

step
2
作業日に担当者が家にきて現物を見て正確な見積もり

依頼した作業日に担当者がきてくれて、ロフトベッドのサイズを測ってくれました。

人数は2人でした。

わたしの場合は見積もりで伝えていたものより、解体が簡単なものだったらしく電話での見積もりよりも安くなりました。

作業前に最終的な見積もり金額を提示されるので、問題なければ作業開始となります。

支払は作業が全部終わってからと言われました。

 

step
3
解体開始!

解体から引き取りまで全部で20分くらいでした。

専用の工具でどんどん解体していく様子を眺めているだけ。

作業中は床や解体中のベッドに布をかぶせて、部屋が傷つかないようにしてくれました。

作業をみていくうちに思った。

アザラシ
これ絶対自分じゃ無理やったわ…

もし自分でやってたら、作業中に床か壁に穴開けてたわ…

しかも解体だけでも無理ゲーなのに、そのあとの処分も考えると、お金かかってもこれはプロに作業してもらうべきだなって感じましたね。

 

step
4
引き取ってもらってお支払

一通り解体が終わった後にベッドのパーツを引き取ってもらって作業の完了報告をうけます。

この時点で作業前に聞いていた金額を払って終了でした。

作業前後の見積もりや支払いのやり取りも含めて全部で30分かからないくらい。

めっちゃ速いし、対応も丁寧でお願いしてよかった。

スポンサーリンク

実際の支払金額

気になっていると思いますが、金額は35,000円でした!

金額の内訳

  • 引き取り費用:25,000円
  • 解体費用:10,000円

自分で10社ほど料金を調べたところ、ロフトベッドの解体から引き取りまでの相場が3~4万でした。

35,000円というと安い金額ではないですが、わたしの住んでた地域だと適正価格でした。

自分が住んでいる地域以外にも調べましたが、若干の差はあっても似たような金額でした。

スポンサーリンク

業者を選ぶ際に気を付けた事

初めて業者を利用する際にわたしが一番不安だったことはぼったくりにあうことでした。

 

アザラシ
正直、当日になって事前に聞いてなかった追加料金とか取られたらどうしよって思ってました。

この記事を読んでくれたあなたも同じではないですか?

なので、わたしはこの2つに気を付けて業者を選びました。

  1. 金額が安すぎない
  2. 会社名 + 口コミ で利用者の体験談がでてくる

 

金額が安すぎない

普通に考えたら料金安い方がいいですよね。

ただわたしが調べた感じだと、料金が安い業者は別の費用がかかる注意書きがあったり、かなり最低条件での金額表示になっていたりする場合が多かったですね。

ちゃんと作業してもらおうと思うと、結局割高になっているような業者を見かけました

例えば?

  • 引き取り費用1万5000円
  • 解体費用5000円

となっていたんですが、よくよく読んでみると出張費用が発生すると書いてありました。

さらに解体費用の所には作業員の一人当たりの金額という注意書きがあり、一人で済む作業ならこの金額という金額が表示をされておりました。

 

条件を全部読んでいくと最大で5万円を越えてきてもおかしくない料金体系ということがわかり、

アザラシ
あぶねぇぇぇ!!!
料金だけで飛びつきそうになった

という状態。

 

あなたも安物買いの銭失いにならないように、何社か業者を見て自分で相場を調べてそれに近い金額で作業してくれる業者を選びましょう。

会社名 + 口コミ で検索して利用者の体験談がでてくる

Google で会社名を検索すると各会社のホームページの下に口コミという項目があります。

 

 

その項目が10~20件ぐらいあれば利用者も多く実体も掴めると思って意識してみてました。

 

褒めちぎるコメントばかりだと怪しいですけど、丁寧でよかったですか助かりましたがとかそういった一般的な良いコメントが多い業者さんは信頼度が高そうだと思い、自分が利用した業者は口コミの数が自分が見た中では一番多い業者を選びました

 

結果としては利用前にビビっていたようなトラブルだとかぼったくりもなく、スムーズにロフトベッドの廃棄ができました

 

業者のホームページに入ると同じように利用者の声というような口コミがあると思います。

ただホームページは自作自演できてしまうので、Google の口コミを見ましょう。

ホームページは良いことばかり書いてある会社でも、 Google の口コミを見るとよくない証言が多い会社もありましたので、注意してくださいね。

 

まとめ

不用品回収業者を使った際の体験談を説明してきましたが、

結論はロフトベッドの処分で困ってるなら、不用品回収業者を利用しよう。

ってこと。

アザラシ
お金はかかるがめちゃくちゃ楽だし、部屋の傷の心配いらず!

業者を選ぶ際は口コミと料金体系に注意して選びましょうね!

あとここまで読んでくれたってことは、あなたもロフトベッドの処理で困っている方だと思うので、周りにロフトベッドを購入しようとしてる人がいたら全力で止めてあげて欲しい!

本日はここまでご一読ありがとうございました。

 

引っ越し関連の記事

-引っ越し

© 2021 アザラシ日和 Powered by AFFINGER5