引っ越し

一人暮らしの部屋選びで絶対に抑えて欲しい3つの条件

部屋を選ぶ基準って駅まで距離と広さだけ見ればいいのかな~?
仕事が忙しくて帰ってきたら疲れて何もできないから、せっかく引っ越しをするなら生活が楽になる条件とか、逆にここは抑えておかないと不便になるって条件があれば知りたいな

部屋選びではよくあるお悩みですよね。

生活の多くを占める部屋は失敗したくないですよね。

 

アザラシ

いままで2回引っ越したので、その経験をもとに住んでみて生活が良くなった条件と逆に失敗だった条件を3つ話していきますよ

 

今回話していきたい部屋選びの3つの条件とはこちらです。

部屋選びの際に見てほしい3つの条件

  1. 浴室乾燥は洗濯の悩みを解決してくれる
  2. お風呂とトレイは絶対分けるべき
  3. 広さも大事だけど収納スペースも同じくらい大事

ここからは3つの条件について、体験談を話していきます。

いま部屋選びで迷ってるというあなたはぜひ読んでみてくださいね。

浴室乾燥さえあれば洗濯物の困りごとが解消されるよ

引っ越しをした中で一番良かった部屋の条件は浴室乾燥

今引っ越しで部屋選びをしている方は浴室乾燥付きの部屋にしてください。

引っ越しの際意識して選んだわけじゃなかったのですが、この機能のおかげで洗濯物で困ることがなくなりました。

アザラシ
これがないと会社員生活が成り立たん。

浴室乾燥なしの部屋 → 有りの部屋へ引っ越して感じたメリットを3つあげます。

浴室乾燥のメリット

  1. 当たり前だけどいつでも洗濯物が干せる
  2. シワになると困るものも干せる
  3. 大量の洗濯物があってもOK

いつでも洗濯物が干せるのは会社員にとって便利すぎ

会社員あるある

仕事に行ってる最中に雨が降って帰ってきたら洗濯物がベタベタ
せっかく早起きして干したのに…

こんな経験ありますよね。

でも浴室乾燥機は名前の通り、浴室に干すので時間も天気関係なし!

時間も関係なしと言えば、夜の洗濯。

夜に洗濯物を干すと乾ききらないことがありますよね。

アザラシ
朝起きて生乾きの臭いが部屋に充満してると…
浴室乾燥機がある夜の洗濯

step
1
寝る前に洗濯物をハンガーにかけて乾燥モードにしておく

step
2
朝起きたらちゃんと乾いてる~!

もちろん生乾きの臭いもなしで、起きたら干していた服がすぐ着れます。

シワになると困るものも干せる

便利だけどそれなら乾燥機能付きの洗濯機でいいんじゃないの?って思ったかもしれませんね。

どっちも使ってみて気づいた違いはこんな感じ。

  • 洗濯機:Tシャツやバスタオルなど日常の衣類向き。洗濯~乾燥まで出来て楽
  • 浴室乾燥:シワになると困るものを干すのに向いてる(ワイシャツ・スーツなど)

わたしはシャワーで洗えるスーツを愛用していますが、縮んだりシワができると困るので洗濯機では乾燥をかけません。

スーツやワイシャツを着るお仕事の方は浴室乾燥機さえあればクリーニングいらずで、シワなく干すことができますよ。

特に夏の時期は汗をかくので、こまめに洗えるのはメリットですね。

大量の洗濯物があってもOK

アザラシ
普段は帰ってきても疲れてて洗濯物溜めちゃうんだよね~

これもあるあるですよね。

このあるあるも、浴室乾燥があれば解決できますよ。

突っ張り棒や室内物干しのラックを使えば洗濯機よりも多くのものを干せるので、洗濯サボってたなんて日も大丈夫。

実際わたしも忙しいときは洗濯物が溜まりがち。

その時は2回分の洗濯をまとめて、浴室乾燥させてます。

スポンサーリンク

お風呂・トイレは絶対に分けるべき!最後の最後まで慣れなかった

お風呂とトイレが一緒なのは全く慣れなかった。

絶対分けるべき。

初めての寮でそういった部屋を経験したんですけど、お風呂入ってるときめっちゃ気になるんですよね。

特に湯船つかってるとき。

アザラシ
目線の高さに便座が…

規則で寮には3年入るんですけど、結局最初から最後まで慣れませんでした。

湯船につかりたくても便座が近くあるのが嫌で、そういう日は近くの銭湯いってました。

同期たちもみんな同じこと言ってたので、ほんとお風呂とトイレはわけるべき。

あと悪いことしてるわけでもないんですけど、友達や彼女が来た時はなんか恥ずかしかったのを覚えてます。

部屋選びでは金額の都合でどうしても諦めなきゃいけない部分は出てきます。

でもバストイレだけは絶対に別にした方がいい。

どうしても金額面で折り合いがつかなかったとしても、ここだけは譲っちゃいけない。

しつこいようだけどお風呂とトイレは絶対に分けましょう。

スポンサーリンク

広さも大事だけど収納スペースが少ないと結局狭くなるよ

これは今の部屋を選ぶときに知らなくて失敗したことで引っ越し経験が少ないとハマる罠。

部屋を選ぶときに間取りを見て広さを確認するでしょ。

ミスった経緯


  • step.1

    単純に間取りを見て広いなあと思ったから部屋を決める。


  • step.2

    生活始めてみると収納スペースが全然ない


  • step.3

    スペースを確保するために棚を置く


  • step.4

    結果スペース減る。残念!


結果論ですけど、収納スペースが多い部屋の方が広かったなぁというのが今の感想です。

失敗を踏まえて内見のときに気を付けてみておけば良かったと思う条件がこちら。

ポイント

  1. クローゼットの奥行が狭い
  2. キッチンが小さくて食器と調理器具が置けない

どちらも収納スペースとしては用意されているものの、機能せずでした。

クローゼットだけでも大きいとだいぶ違うんですけどね。

賃貸情報はSUUMOが調べやすいよ

条件を絞って一番見やすく部屋を出してくれるのはSUUMOのサイト。

一時期社内ニートしてまして、暇つぶしに色んな賃貸情報サイトを見てたんですが、SUUMOがダントツで使いやすい。

一番の強みは細かい条件を指定できること。

今回おすすめの条件にあげている浴室乾燥の有無やバス・トイレ別はもちろん指定できます。

他にはキッチンはIHか、ウォークインクローゼットの有無や部屋の方角なんかも調べれます。

細かく条件を指定して自分の希望の部屋をさがしましょう。

まとめ

ここまで部屋選びの際に見てほしい条件を説明してきました。

くり返しになりますが、以下の3つを抑えて部屋を選んでくださいね。

部屋選びの際に見てほしい3つの条件

  1. 浴室乾燥は洗濯の悩みを解決してくれる
  2. お風呂とトレイは絶対分けるべき
  3. 広さも大事だけど収納スペースも同じくらい大事

本日はここまで。

ご一読ありがとうございました。

引っ越しの関連記事

-引っ越し

© 2021 アザラシ日和 Powered by AFFINGER5