引っ越し 日常

【経験談】近所で民泊が始まって起きたトラブルと対応方法を解説します

平穏な日常をぶち壊す民泊のトラブル。

あなたの近所で民泊が始まるなんて噂ありませんか?

わたしは1年間、トラブルを目撃したり実際に被害に遭ってきました。

もし近々始まるあるいは始まってしまっているなら、この記事を読んでください。

いまの地域が平穏であればあるほど、想像もできないくらい荒れた地域に変わります。

こんな方に向けて書いてます

  • 近所で民泊が始まる。または始まった方
  • 民泊のトラブルで悩んでいる方

自分の近所でこれから民泊始まるって方がいたらこんなことが起きるんだって思って読んでくださいね。

アザラシ
トラブルの対応方法も書いてるよ!

民泊が始まったら起きた4つのトラブル

早速わたしが経験した民泊のトラブルを紹介していきます。

もちろんトラブルが起きるかどうかは民泊の利用者によります。

ただトラブルが起きたらどれも日常生活をぶち壊すレベル

ポイント

  • 騒音
  • ゴミ
  • タバコ
  • 路上での喧嘩

騒音 ほんとに生活ぶち壊す迷惑さ

はい、きました民泊のトラブル代表騒音

平日は朝の2~3時までは平気で騒いでますし、金曜日は土曜日の朝まで寝ずに騒ぎっぱなし。

部屋の窓を開けっ放しにして騒ぐのは当たり前。

道路で騒ぎ始める人もいて、ほんとにここは日本なのかってくらいうるさくなります

 

経験上、意外だったのが利用者が日本人の方がうるさいということ。

外国人は文化の違いなので一度静かにしてほしいと言うことを伝えれば割と静かになります

しかし日本人は一度注意しても時間をおいてまた騒ぎ始めたりだとか意外とマナーが悪い

 

特に東京に旅行しに来てる組は地元感覚で騒ぐ。

東京の住宅同士って密集しているので、どれぐらい音が響くあるいは近くに人がいるのかっていうのがわからずに騒いでいる方が多い印象。

ゴミ 花壇がゴミ箱になる

騒音と並ぶ民泊のトラブル代表。

自分のマンションの周りはゴミ捨てのマナーが良く、道を歩いていても困ることはありませんでした。

でも民泊が始まってからはファーストフードのゴミや飲みかけのジュースなどが散乱していて、マンションの花壇はゴミ箱に変わってました。

夏の時期はもうほんとに地獄で食べ物が腐って異臭を放つという…

タバコ 非喫煙者には地獄

ベランダや道路でタバコ吸っていて近くのマンションに煙入りまくり。

マンションの入口や部屋にあの臭いが入ってきます。

当たり前のようにその辺にポイ捨てしていく。

あとベランダの上から下に向けて投げたりする人もいましたね。

路上での喧嘩 今日もまたパトカー来た

近隣住民と酔っぱらって騒いでた民泊の利用者が取っ組み合いしてる何回かありました。

仕事から帰ってきて自分のマンション前で大人が取っ組み合いしてたらめちゃ怖いしどん引きですよ。

あとは民泊の利用者同士が揉めてたこともありましたね。

住民からするとお前ら誰だよ状態。

実写版の大乱闘スマッシュブラザーズって感じ。

揉め事が増えるにつれてパトカーが来る回数も増えました。

 

ざざっと紹介したけど自分の近所で民泊が始まったから経験したトラブルはこんな感じ。

アザラシ
こんなん自分の近所で起きたらやばいでしょ

スポンサーリンク

トラブルが起きたときの対策と改善交渉のやり方

ここまでは近所で民泊が始まってから起きたトラブルについて、経験談をお伝えしました。

ここからはトラブルにあったときの対策を説明してきます。

録音録画を徹底しよう。論より証拠

とにかく記録に残そうぜって話。

これがとにかく大事。

アザラシ
○○って迷惑受けたんです!
ほんと大変なんで対応策考えてください!

と口頭で言っても、聞き流されるのがオチなので必ず録音や録画を徹底しましょう。

わたしも民泊の管理者に口頭で被害状況つたえたとき、相手にされず注意しまーすで流れました。

納得いかなかったのでスマホや小型カメラで撮った動画を見せたら、重大さがわかったらしく対応進めてくれました。

交渉は必ず自分の部屋の管理会社を通そう

トラブルの状況を口頭で伝えたところ流れたという話をしましたが、不動産の専門家でないとぶっちゃけ舐められます。

あとは民泊の管理者とトラブルになる可能性もあるので、自分の部屋の管理者を通して対応を依頼すべきです。

ココに注意

管理会社は対応義務があるわけではないので、対応してもらえない可能性もある

対応義務があるわけではないということを頭に置いて依頼してみましょう。

自分での直接交渉は最後の手段ということで。

スポンサーリンク

引っ越しを早め考えるべき。民泊の運営者には期待するな。

約1年間、民泊のトラブルを見てきたり実際に被害を受けました。

その中で感じたことは

トラブルが続くなら引っ越ししたほうが早い!

やっと仕事が終わって休日を楽しもうと思った時にもう夜中騒がれるとそれだけでストレス半端ない。

ちゃんとしている運営者なら一度言えばトラブルにならないように改善してくれるでしょう。

私の場合、管理会社かから何回か注意をしてくれて、その場は対応してくれました。

でも結局はその場しのぎ。

次回からトラブルが起きないようにするための根本的な対応には力を入れてもらえませんでした。

このことから結局どう改善するかよりそんなトラブルが起きている場所から離れることを考えた方が賢明です。

実際私も民泊が原因で引っ越しをすることに決めてます。

ほんとは悔しいんですけど、天変地異だと思って割り切りました。

スポンサーリンク

まとめ

民泊のトラブルは日常をぶち壊すレベルの被害ばかり。

繰り返しになりますが、近所で民泊が始まったら以下のポイントを気をつけてくださいね。

ポイント

  • 証拠を録音録画
  • 交渉は管理会社を通す
  • 引っ越しも手段だと本気で考える

本日はここまで。

ご一読ありがとうございました。

-引っ越し, 日常

© 2021 アザラシ日和 Powered by AFFINGER5