ITの話 プログラム

【MacとWindows】プログラミングするならどちらを買うべきか説明

システムエンジニアのアザラシ(@azarasilife)です。

プログラミングを始めるために新しいパソコンを買いたいと思っているあなたは、こんなお悩みを持っていませんか?

お悩み

ネットで聞いたり調べてみたんだけど、「何を作りたいかによって変わってくる」って答えが返ってきて何を買えばいいかわからない。やる気はあるんだけどプログラミングの知識も全然ないから、間違って自分がやりたいことができないパソコン買うのは嫌だな。あとできれば安く買えるといいな~

普段からプログラミングやIT系の仕事をしていないとこの辺りって難しいですよね。

プログラミングやるまでは私も同じ悩みを持っていました。

せっかくやる気があるのに、パソコン選びで手間取ってしまうと勿体ない。

この記事ではあなたのプログラミングでやりたいことに合ったパソコン選びができるように、情報の提供と説明していきます。

iPhoneアプリ作るならMac、それ以外はWindowsでOK

結論から言うと、あなたのやりたいことがiPhoneアプリの作成であったらMacシリーズを買いましょう。

理由は基本的にiPhoneやiPadのアプリが作れるのはMacだけだからです。

逆にWebサービスやandroidスマホのアプリであれば、Windowsが入っているパソコンでプログラミングができます。

人気のプログラミングと対応しているパソコンの組み合わせはこちらです。

プログラミングと端末

言語 Mac Windows
Ruby on Rail
Python
JavaScript
iPhoneアプリ
androidアプリ

 

注意点

WindowsのパソコンでもXamarinという開発用のソフトを使えば、iPhoneアプリは作成できます。

ただそのソフトを使う前のインストール等が大変で、初心者には不向きだと思いますので上記の表では△にしています。

スポンサーリンク

安く買うならMacは中古を狙え!WindowsはLenovoがいいぞ

やりたいことが決まったら、ついにパソコン選びになります。

全部のプログラミング出来るならMacの方がいいじゃん!!と思ったあなたはちょっと待ってください。

予算どれくらいで考えていますか?

初期費用ってあんまりかけたくないですよね?

Macの新しいモデルを新品で買おうと思うと、10万は超えてくるものばかりです。

一方でWindowsであればメーカーによっては10万以内でもハイスペックな端末が手に入ります。

そのためiPhoneアプリ作りたいという方以外には、Windowsのパソコンを勧めます。

特にオススメはLenovo。

お手頃価格のパソコンを出してくれているメーカーです。

例えばこのパソコンは初めてプログラミングする人にとっては、かなりいいスペックですが10万以内で収まります。
※価格は2019/5/28時点

逆にiPhoneアプリ作りたいしMac必要だけど高いな~と思っている方は、中古を選択肢に入れてみましょう。

中古なら10万切ってくるものもあるので、安いWindowsのパソコンと同じくらいの金額で買えます。

私が考えるパソコンを買うときのポイントはこちら。

最初からパソコンに費用をかけすぎない

理由はプログラミングの挫折率は高さです。

プログラミングやるぞー!!と意気込んで高いパソコンを買ったものの、プログラミングが難しくてやめてしまったという方はたくさんいます。

だから初心者は高いパソコンを買うよりも、プログラミングスクールや書籍にお金を使った方がプログラミング習得の効果が高いです。

スポンサーリンク

パソコンのスペックの目安

最近の市販パソコンもスペック高いので、プログラミングをする上では不自由しませんが目安を書いておきます。

スペックの目安

  • メモリは8GB以上
  • 容量(HDD)は256GBは欲しい
  • SSDは無くてもOK
メモリ

8GBあればプログラミングする際も問題ないです。

たまに4GBのものがありますが、プログラミングすると、動きが遅く作業しずらいのでやめましょう。

容量(HDD)

最低256GBは欲しい。

プログラミングするためのソフトをインストールすることが多いのですが、1つインストールするだけで2~5GBは必要になります。

容量が128GBだと途中から容量を気にしながらインストールすることになるので、256GBは欲しいところ。

SSD

SSDって何?というところからだと思いますが、簡単に言うとパソコンの処理速度を速くしてくれる基盤です。

こちらはあれば快適ですが、なくても大丈夫

実際、私がプログラミングする際に使っているパソコンはSSDではありません。

最近のパソコンはSSDのものも多いので、ついていたらラッキーくらいで捉えるいいと思います。

プログラミングは高いパソコンじゃないとできないものではありません。

スペックと価格を考えるときは、そのことを忘れずに。

スポンサーリンク

まとめ

まずは自分のやりたいことにあわせてパソコンを選べるようになりましょう。

高いパソコンがあるからプログラミングが出来るようになるわけではありません。

プログラミングが出来るようになるには、とにかくコードを書いてプログラムを作ること。

そのためにもパソコンに費用をかけすぎず、熱意が冷めないうちにプログラミング作業ができるパソコンを手に入れましょう。

本日はここまで。

ご一読ありがとうございました。

-ITの話, プログラム

© 2021 アザラシ日和 Powered by AFFINGER5